将来のこと計画をするならファイナンシャルプランナーに相談しよう

節税対策

保険には、個人向けと企業向けがあります。そのため、どんな保険を求めているかで選んでみましょう。個人向けの保険にはバイク保険や自転車保険、火災保険や学資保険などがあります。企業向けの保険には、逓増定期保険や法人用がん保険、定期保険などがあります。

節税したい人は参考に!

婦人

逓増定期保険について

コチラのページでは、主に節税対策をしたい企業向けの記事を紹介しています。そのため、「社員の退職金を準備しなくてはいけないが資金が無い・・・」と悩んでいる人や「新しい取り組みに向けての経費が欲しい!」と思っている企業の人は参考にしてみてください。

READ MORE

保険の達人に相談!

保険に加入したいがどんな保険に入った方がお得なのか、自分にはどの保険の方が向いているのかと悩んでいる人は少なくありません。そのため、まずは福岡に居るファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。ニーズにあった保険を教えてもらうこともできますが、保障や貯蓄に合わせて保険内容を考えてもらうこともできます。下記のランキングでは、ファイナンシャルプランナーに相談する保険で最も多いものを紹介しています。

相談の多い保険ランキング

no.1

自賠責保険

自動車や原付きを持っている人なら、誰しもが加入している自賠責保険ですが加入する前にプランを選ばなくてはいけせん。プランによって保障される内容が違うため、多くの人が悩んでしまいます。プランによって料金が違うため、しっかりとファイナンシャルプランナーに相談してから決めましょう。

no.2

自転車保険

最近は、自転車による事故も増えているためドンキの自転車保険に加入する人も少なくありません。自転車による事故を起こした場合、被害状況にもよりますが賠償金として一億近い金額を請求されることもあります。そのため、事前に福岡のファイナンシャルプランナーに相談をして加入する人も多いのです。

no.3

逓増定期保険

経営をするなら、どんな節税対策を取ることができるのか事前に調べておく必要があると言われています。そのため、福岡のファイナンシャルプランナーに相談をしながら企業でできる節税対策の方法を決めているという所は多いと言われています。逓増定期保険は節税対策方法として注目を集めています。

no.4

教育資金

子供の居る家庭では、子供の将来を考えてファイナンシャルプランナーと相談し教育資金を準備しています。福岡に居るファイナンシャルプランナーは、教育資金や家計管理、住宅資金など生活していくために必要な資金の相談も行なっているため、今あるお金を上手にやりくりしながら生活したいという人に最適です。

no.5

老後の生活資金

定年退職をすると年金や、今までの貯金で生活をしなくてはいけませんが年金だけで生活できるのか、老後の生活費はどのぐらいかかるのかが分からず悩んでいるという人もいます。そういった人が、福岡に居るファイナンシャルプランナーに相談をして将来的な計画を行なっているのです。

新着情報

[PR]

節税には逓増定期保険がイチオシ!
業務形態に合ったアドバイスを提案

自転車保険ならドンキのプランがピッタリ☆
ネットで申し込みができる

原付の自賠責保険をすぐに申し込み☆
24時間手続きができちゃう♪

家計診断は30代から受けておこう
貯蓄したいなら要チェック!

いろんな保険

男女

ファイナンシャルプランナーとは

保険に関する相談は、ファイナンシャルプランナーに任せましょう。年金や社会保険、学資保険・住宅保険・健康保険など様々な種類の保険について相談することができます。そのため、将来どんな風に暮らしたい、子供のために計画を立てて貯蓄をしておきたいという人達から注目されています。将来のイメージに合わせて、資金面の計画を一緒に考えてくれるため、しっかりと実現させたいという人は相談してみましょう。福岡で相談できる場所を見つけるときは、インターネットなどを利用しつつ探してみて下さい。

自転車保険とは

自転車保険とは、自転車に乗っているとき事故や怪我をしたときの補償として入る保険のことを言います。例えば、自転車に乗っているとき歩行者とぶつかってしまい怪我をさせてしまったという場合や、自転車に乗っている最中に転倒し怪我をしてしまったという時に補償してもらうことができます。今まではあまり普及していなかった保険ですが、近年から自転車事故による賠償金が高額になっているため最近から注目されるようになっているのです。ドンキでは、自転車保険比較をしているため購入した際は相談してみましょう。

自賠責保険とは

自賠責保険とは、自動車やバイクを所有している人が必ず加入しなくてはいけない保険の一つです。この保険に加入することで、事故による被害者を守ることもできると言われています。大型・中型バイク以外の原付きも自賠責保険に加入しておきましょう。